瓶を飲むサラリーマン

性欲を抑える薬で無理やり我慢する事は健康的ではない?

このページの記事

性欲減退が大きな社会問題になっている昨今において、性欲を高める薬はED治療薬、精力剤、催淫剤などの種類が既に多数世に出回っています。

通常年齢を重ねるごとにどんどん性欲は減退していくものの、一概に必ずしも性欲が落ち着くとは限りません。

そして中には有り余る性欲に頭を悩ませている方もいるでしょう。

その有り余る勃起力と性欲があるばかりに、常に欲求を感じてしまう、ちょっとした刺激にも反応してしまう、そしてパートナーに精力剤を飲んでもらってまで求めすぎてしまう部分に繋がります。

お仕事や勉強をするにしても邪魔となるのが有り余る性欲です。

精欲抑制剤だけでなくパートナーに理解してもらう努力も

性欲減退でお悩みになる方もいれば、有り余る性欲でお悩みになる方もいるのが事実です。

有り余る性欲にお悩みの方の中には、逆に性欲を抑える事ができないのか考えましょう。

そして性欲を抑える薬となる精欲抑制剤のようなものがないのかといった点は気になるところでしょう。

箱とパッケージ

結論から先に言えば、性欲を抑える薬となる精欲抑制剤のような薬は存在しています。

これには当然ちゃんとした理由があります。

まず需要がほとんどない事が大きいです。

性欲減退でお悩みになっている方が多数いるからこそ、そのお悩みに適した薬が多数存在するものの、有り余る性欲に関してのお悩みを抱えている方は比較すると圧倒的に少ないです。

そしてさらに、精力剤とは反対に効果がありすぎるとEDになってしまうリスクもあります。

箱とパッケージ

どうしても我慢できない時は精欲抑制剤の効果もない?

これらの理由で性欲を抑える薬となる精欲抑制剤のような薬はないのです。

しかし、間接的な効果をもたらす薬は存在しています。

有り余る性欲にお悩みの方は睡眠導入剤を使用するのがおすすめです。

眠くなる事で欲望が減少していき、特に夜に高まる場合には効果的です。

しかし、性欲を抑えるのに睡眠導入剤は常習性があるのが注意点です。

精力剤と同じように計画的に用いるようにしないと、いつまでも睡眠導入剤を手放す事ができなくなってしまいます。

性欲を抑える薬は本当に必要なのか?

業界ナンバーワン

性欲を抑える薬や精欲抑制剤の効果は限られています

hip

また、サプリメントを活用して性欲を抑えるという手もあります。

特におすすめなのがノコギリヤシです。

このノコギリヤシはハーブの一種で、元々は薄毛防止用のサプリメントとして開発されました。

ノコギリヤシには男性ホルモンの分泌を抑える働きがあります。

これが性欲を抑える効果に繋がります。

具体的には勃起力の男性ホルモンの一種のテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのをシャットアウトしてくれるという事です。

性欲を抑える目的やEDでノコギリヤシを活用するのなら、精力剤やサプリメントとの併用はおすすめできません。

これはノコギリヤシの男性ホルモンを抑制する働きが、滋養強壮ドリンクの効果を相殺してしまう恐れがある為です。

また、ナイアシンアミドの成分もおすすめです。

このナイアシンアミドはビタミンB3の事です。

タイムリリース型だと、飲むと長い時間一定量体内で効くようになって性欲を抑えるために効果的ですが副作用もあります。

ユンケルスター画像

精欲抑制剤で我慢するくらいだったらだけでなく相手に頑張って貰うことも視野に

根本的に性欲を抑える薬となる持続する精欲抑制剤のような薬は存在しないからこそ、普段の生活を改善する事を強く意識しないといけません。

まず性欲を抑える為には食生活の改善が必要です。

多くの方は肉食中心の食生活を送っているものの、これは精力剤を飲んだように性欲が強くなる要因になります。

その為、野菜中心の生活を心がけると良いでしょう。

そして大豆を積極的に食生活に取り入れるのも効果的です。

大豆には女性ホルモンが多く含まれる為、性欲を減退させる効果に期待ができます。

また、満腹感を感じる食生活を送る事も意識してください。

何が自分に合う性欲を抑える薬になるかはわかりません

ベッドの上

抗うつ剤や抗不安剤が性欲を抑える薬の役割を果たす?

錠剤

どうしても性欲を抑える薬が必要になることは一般的にはあまり考えられませんが、それでも必要だと感じる場合は個人の判断ではなくできるだけ早く医師に相談をすることが一番の選択肢になるのではないでしょうか。

食事や生活習慣を調節するだけではコントロールできないくらいに、どうしても自分の欲求を抑えられなかったりする場合はその原因が何であるかを改善するためには探る必要があります。

精力剤の反対の意味で抗うつ剤や抗不安剤を仮に性欲を抑えるための薬として使用した所で、理由が判明しなければ、ずっと飲み続けなくてはいけないものになってしまうのです。

いずれにしても、眠気があったり、気持ち悪かったり、体がぼーっとするなどの副作用も考えられます。

そうなってくると、本来必要がないのであれば、性欲を抑える薬を無理に飲まなくて良いような環境作りの方が優先になるでしょう。

自分だけの判断で性欲を抑える薬を飲まない

どうしても我慢できない状態になる前に、今の段階で性欲を抑える薬を飲まなくて良い状態のうちに医師のカウンセリングや診察を受けましょう。

間違っても自分だけの判断で抗うつ剤や抗不安剤などを服用するのはかなりのリスクがあります。

また性欲を抑える薬として睡眠導入剤などを飲むという人もいますが、それははっきり言ってかなり危険な判断です。

なぜなら、本来はそれを必要としない健康体であるのに、性欲を抑える薬としてそれを飲むことは余計な負荷を与えてしまいます。

仮に、結果的に一時的にそれで我慢が出来たとしても、精力剤も同じですが、常に依存してしまっては意味がありません。

また、性欲を抑える薬がない状態、所謂、素面でいなくてはいけない時にも勃起力を抑制できないと大変になってしまいます。

できるだけ、性欲を抑える薬を利用することなく改善していくに越したことはないのです。

どの種類が自分にとって性欲を抑える薬になるかを診察しましょう

ポルチオラッシュ

パートナーに説明して性欲を抑える薬が要らない関係を作る

商品画像

食欲が満たされる事で、性欲も治まってきます。

よく噛む事も満腹中枢を刺激する事に繋がります。

さらに、ストレス発散も性欲を抑えるのも効果的な方法です。

気持ちを落ち着かせる事ができればどの方法であっても問題ありません。

ストレスが溜まるからこそ、性欲を発散したくなる事にも繋がる為、何かストレス発散の方法を見つけましょう。

そしてどうしてもという場合はやはり病院にかかり、医師に相談するようにしてください。

精力剤とは逆に性欲を抑える目的で男性ホルモンを抑制する薬を出してくれます。

あまりに頻繁に精欲抑制剤で我慢をするとストレスが大きい

性欲減退でお悩みの方よりも、有り余る性欲にお悩みの方の方が圧倒的に少ないのが事実です。

だからこそ、性欲を抑える根本的な薬は存在しません。

しかし、間接的に性欲を抑える事ができるものはあります。

睡眠導入剤やサプリメントがその代表的なものです。

そして生活を改善する事も性欲を抑える意味に繋がってきます。

最終的には医師に相談して男性ホルモンを抑制する薬を処方してもらうのが良いでしょう。

性欲には個人差があります。

10代や20代の時よりも多くの方が30代になると性欲が低下してきます。

しかし、勃起力は絶対という事ではありません。

ムラムラして有り余る性欲にお悩みになっている方も多数います。

性欲を抑える薬となる精欲抑制剤のような薬は存在しないからこそ、精力増強剤とは逆に様々な性欲を抑える方法を駆使して対応していくしかありません。

まずはご紹介した性欲を抑える方法を試してみてはいかがでしょうか。

EDの改善と同様に効果には個人差があるものの、性欲を抑える為の方法はいくつもあります。

メンタル的に性欲を抑える薬となるアイテムを持つ

このページの先頭へ