瓶を飲むサラリーマン

カルタ

48手の種類

箱とパッケージ

48手の体位を覚えても使えるのは少ない?

トランプ

より充実した性生活にするために、普段とは違う方法でセックスをしてみたいと考えたことがある男性も多いのではないでしょうか。

昨日はバックが多かったから今日は正常位でいこう、どの体位ならば喜んでもらえるだろう、などと考えて四十八手を少し勉強したことがある人もいると思います。

今回は男性にとって気持ち良い、女性が気持ち良いと感じる四十八手ではなく、少し視点を変えて、男性にとって危険な体位について紹介していきます。

セックスをする危険性として挙げられるのは、EDだけでなく性病に関するリスクと、性器を傷付けてしまうリスク、そして妊娠してしまうリスクの3種類です。

性病についてはセックスの体位との因果関係は証明されておりませんので、コンドームを使用する、複数人と体の関係を持たない、よく洗ってから性行為を営むようにするといった解決策を講じる必要があります。

というわけで、四十八手の体位と関係があるのは勃起した性器を傷付けるリスクと妊娠に関するリスクの2種類が残されることになります。

それぞれ、どのような危険性があるのでしょうか。

48手の体位を覚える前にマナーを忘れずに

業界ナンバーワン

48手の騎乗位は女性にも体力が必要

hip

まず男性器を傷付けてしまうリスクについてです。

数ある体位の中でも男性にとって最も性器を傷付けてしまう可能性がある体位は騎乗位です。

騎乗位は男性が仰向けになり、女性がその上にまたがる形で性器を挿入する体位ですが、女性のみが動く形でこれを行うと、陰茎折症が引き起こされる可能性がありますので、かなり危険な体位であると言えます。

文字から想像できるかもしれませんが、陰茎折症とは、簡単に言えば性器が折れてしまうことを指します。

男性器の血管や海綿体などが切れてしまうというなんとも恐ろしい症状です。

女性が男性の上で動く騎乗位は、男性器に女性の体重がかけられることになります。

勃起していない状態であれば、力を加えた場合にも曲がりますので問題ありませんが、セックスの最中はそういうわけにもいきません。

興奮状態にあれば男性器は堅く勃起し、反り立つことになりますので、騎乗位によって体重がかけられることで折れてしまう可能性が出てきます。

女性の体重がモデルさんのように軽かったとしても耐えきれないこともありますので、誰とセックスをしようが関係無くこのリスクが発生します。

もしもセックス中に折れてしまった場合には、すぐさま泌尿器科へ行くことをお勧めします。

陰茎小帯が切れた場合には医者に診てもらわなくても自力で治すことが可能ですが、陰茎折症の場合には診てもらわないと使い物にならなくなってしまう可能性がありますので注意です。

正常位や後背位と比較すると、騎乗位は倍近くも陰茎折症やEDが起きる可能性が高まることも知っておくべきでしょう。

大事にならない内に避けておくのが無難です。

48手の中には全然気持ちがよくない体位もある

ベッドの上

妊娠しやすい体位は48手の中の対面座位

次に妊娠する確率が最も高い体位についてですが、こちらは女性の膣の具合によって異なることになります。

EDだと男性器がより子宮に近い場所にまで届くと妊娠しやすいと考えると覚えやすいです。

女性の子宮には前屈と後屈の2種類が考えられます。

前に傾いているか後ろに傾いているかの違いで、子宮前屈の人は正常位と後背位が、子宮後屈の人は後背位と後側位が妊娠しやすいといえる体位となっています。

妊娠確率について考慮するならば、騎乗位は妊娠しづらい体位であると言えます。

その理由は子宮の奥深くまで勃起力がなく男性器が届きにくいということと、出された精子が子宮にまで届きにくいということにあります。

また、同等の理由によって座位や立位といった体位についても妊娠しにくいと言えますので、もしもナマでセックスを楽しみたいけれど避妊はしたいという場合にはこれらの体位にて楽しむのもアリかもしれません。

妊娠しやすい体位が48手の中にある?

ポルチオラッシュ

女性にとってアンケートで人気のある48手の体位の寝バックは?

寝バック

とある調査によると、男性が好きな体位はどの体位かというアンケートに対して、勃起力のある男性の内の約30%が「騎乗位が好き」という回答をしたそうです。

他の順位としては正常位、寝バックと続きます。

座位や立ちバックといった体位についてはそれほど好まれていないようです。

日本国内でも海外でも騎乗位は人気の体位で、これはS気質の男性でもM気質の男性でもどちらの性癖にも対応したエロさがあるからという理由が考えられます。

M気質の男性からすれば、女性に主導権を握られて支配されることが興奮する、となり、S気質からしてみれば、気持ち良くなるために自ら進んで腰を振る女性の姿が興奮する、と考えるわけですね。

騎乗位や寝バックが好きな男性が多いことに納得する方もいると思いますが、これはリスクを上げてしまっていますのでセックスをする際にはある程度注意が必要です。

女性に主導権が渡っていることに興奮するのも分かりますが、寝バックも変な方向に力が加わってしまうと折れてしまう可能性もあります。

騎乗位を楽しみたい場合には、自分から動くようにしてみるのも折れるリスクを軽減される1つの策です。

また、騎乗位や寝バックを楽しむのは良いですが、あまりに激しいセックスになってしまうと陰茎折症やEDが起きてしまいますので、限度をわきまえて楽しむようにしましょう。

48手は無理をすると怪我をする恐れも

箱とパッケージ

雁が首

説明

四十八手の中でも比較的身近な行為が雁が首です。

「雁が首」とだけ言われてもピンと来ない人が多いかと思いますが、こちらはいわゆる「フェラチオ」になります。

近年ではアダルトビデオの普及のおかげで、特別な行為ではなく、カップルでも比較的一般的に楽しまれている行為なのではないでしょうか。

決して難しいものではないのですが、女性はフェラチオがあまり好きではない人が多いのも事実です。

むしろ、いくら好きな人であっても出来ればしたくないと思っている人の方が多いようです。

これは、フェラチオという行為そのものではなく、男性器の衛生面です。

あまり衛生的ではないからこそ、どうしても敬遠してしまうのです。

つまり、女性にフェラチオをしてもらいたいのであれば、まずは自分のペニスを清潔にしておくよう心掛けるべきです。

清潔であれば基本的には無臭になりますので、雁が首の抵抗感も薄まるはずです。

また、衛生面ではなく、羞恥心で拒否する女性もいます。

行為そのものが嫌なのではなく、その姿を見られるので恥ずかしい女性もいます。

まだまだ慣れていない女性の場合や、シャイな女性の場合はこの傾向が強くなりますので、その場合は電気を消して部屋を暗くするなど、男性側にも配慮が求められます。

また、どのような形でしてもらうのかは、男性の腕の見せ所です。

ストレートに「フェラチオをして」と伝えても、女性は良い気はしません。

ましてやフェラチオに対して嫌悪感を持っているような女性の場合、出来れば嫌だと思っていますので、そのような形で言われても抵抗感でいっぱいです。

言葉で誘うのではなく、プレイの中で自然とそのような形になるのがベストです。

口で「フェラチオをしてもらいたい」と告げるのではなく、気付いたら自分のペニスが相手の目の前にある。

そのようなシチュエーションこそ理想です。

その場合、女性としても目の前にある以上、自然な形で咥えてくれる可能性が高いです。

女性は言い訳を探しているものです。

「してくれ」と直接依頼されるよりも、気付いたら目の前にある。

そのようなシチュエーションの方が自然に咥えてくれます。

そのためには、男性から上手くリードしてあげると良いでしょう。

体位はもちろんですが、シャイな女性の場合は部屋を暗くし、なるべく相手が見えないようにすると、女性も羞恥心が多少は収まります。

また、嫌ではないものの、上手に出来ないがために、申し訳ない気持ちになる女性もいます。

女性とて性的興味はあります。

四十八手でも雁が首のみならず、いろいろと楽しんでみたいと思っている女性は多いのですが、それらもすべて経験によって上達しますので、興味はあってもまだまだ経験が伴っていない場合、なかなか上手にはいきません。

そのような場合、訓練に付き合ってあげると良いでしょう。

いきなりペニスを舐めさせるのではなく、指などで模擬的に試させると、どのような感覚で舐めれば良いのか女性も身をもって分かるようになります。

具体的な指示もなく、いきなり「舐めろ」と言われても女性も何をどうすれば良いのか分かりません。

ですが、ED改善ができたら男性が上手くリードして上げる事で、女性もどうすれば良いのか分かってきます。

女性は褒められるのに弱いので、オーバーリアクションなくらい褒めてあげると、やる気をだしてくれますので、良いなと思ったら褒めてあげると良いでしょう。

慣れてくると、男が何をされると嬉しいのか。

いきなり絶頂まで導こうとするのではなく、徐々に気分を高めていくのが良いと気づけるようになりますが、男性の機微を察知出来るようになるためにはそれなりの経験が求められますので、まずは慣れてもらう事が大切です。

いろいろと仕込むのはそれからです。

岩清水

四十八手はとても奥深いですが、女性をより興奮させるための体位と言えば岩清水です。

どのような物かといえば、基本的にはクンニになるのですが、寝そべって行うのではなく、仰向けになっている男性の顔の上に女性がまたがる形になります。

そこでクンニをしてもらう格好になります。

アダルトビデオで見た事がある人もいるかもしれません。

アダルトビデオの世界では決して珍しい体位ではありませんが、カップルで岩清水を行っているケースは稀でしょう。

この体位は、女性にとっては決して嫌なものではありません。

女性はクンニが嫌いではないのですが、一方では羞恥心があります。

舐められるのは良いものの、舐められる自分を見られたり、綺麗ではないかもしれないからこそ、抵抗がある女性が多いのです。

裏を返せば、それさえなければ舐めてもらいたいと思っている女性が多いです。

ですが、一方で羞恥心があるからこそ、興奮する女性が多いのも事実です。

「舐めて下さい」とあけすけに要求するようでは、男側としてもあまり興奮しないはずです。

それよりも、少々抵抗しているくらいの方が興奮するのではないでしょうか。

また、岩清水の場合、いつもとは違う体勢になりますので、羞恥心をより与える事が出来ます。

また、舐めるだけではなく、同時に乳首を攻める事も出来ます。

通常のクンニの場合、クンニのみになってしまい、手がお留守に鳴ってしまうケースもあります。

ですが岩清水であれば、乳首も同時に攻める事が出来ますので、より快感を与える事が出来ます。

更に岩清水のメリットは女性が上になりますが、少し手を後ろにしてもらうと、ペニスがあります。

つまり、岩清水からシックスナインなど、他の体勢に以降しやすいのです。

岩清水だけで終わるのではなく、そこから様々な形で展開させられますので、「繋ぎ技」としてとても優秀です。

四十八手の中でもかなり効果的な攻めが可能になるのですが、気を付ける点もいくつかあります。

まず、あまりにも長時間行っていると、EDでなくても男性は首が疲れます。

さすがに多少は首を上げなければ舐められません。

長時間行うのであれば、首に枕を敷き、高さを調整すると良いでしょう。

また、女性が敏感な場合、女性から出てくる愛液が自分にかかります。

それが興奮させられる男性であれば良いのですが、気になってしまってついつい散漫になる場合、予めタオルなどを近くに用意しておくと良いでしょう。

特にお勧めは、全裸で行うよりも上半身だけ服を着てもらっての岩清水です。

この場合、まるで行けない事をしているかのような気持ちになれますので、自分自身の興奮度も高まります。

全裸よりも、服を着ていた方が興奮させられるケースもありますが、岩清水ではまさにそれが当てはまります。

下半身は露出してもらわなければプレイそのものが出来ませんが、普通に考えて、上半身の服は着ているけど下半身だけ露出する事はまず有り得ないはずです。

そのシチュエーションでのプレイは、男性も女性もより楽しめます。

そして女性が興奮してきたら、少し体制をずらして騎乗位に以降するのも良いですし、女性を倒して正常位に以降するのも良いでしょう。

先に繋ぎ技として使えるとお話しましたが、やりようによってはここから様々な体位に展開出来るようになります。

快感はもちろんですが、体勢に慣れていない女性の場合、恥じらいもあり、快感に打ち震える顔がそれまでとは比べものにならないほど、男性を興奮させてくれます。

意表を突くという点からもお勧めの体位です。

膝立ちにさせる必要がありますので、手でのプレイから、上手く自分の体を寝かせて、相手の股間から顔を入れるとスムーズに体位に移行出来ます。

つばめ返し

つばめ返しは四十八手の中でも少々難易度が高いです。

体勢そのものももちろんですが、如何にしてスムーズな形でつばめ返しまで持って行くのかは、男の腕の見せ所です。

つばめ返しがどのような体制なのかというと、バックに近いのですが、バックは女性が膝をつきますが、膝は下ろします。

ですが、片足だけ持ち上げるような状態で男性が突きます。

この体位のメリットとしては、女性の奥まで突けます。

バックよりも更に奥まで快感が届きますので、快感だけではなく、バックから突かれる背徳感。

そして子宮への振動など、女性にもメリットがある体位になります。

つばめ返しの注意点は二つあります。

一つは先にも少し触れましたが、どのような流れでつばめ返しまで持って行くかです。

いきなりつばめ返しから始めるのは現実的ではありません。

むしろ女性としても、いきなりそのような体制を求められても恥じらいがあります。

興奮が高まり、快感が深まれば何をしても良いような状態になるのですが、まだまだ開始直後ですと理性も働いています。

いきなり慣れていない体勢を求めたら、場合によっては雰囲気そのものを損ねてしまい、性行為そのものが台無しになってしまう可能性もあります。

そのような事にならないためにも、基本的な流れとしてはバックが肝になります。

バックそのものは決して珍しいものではありません。

アダルトビデオのみならず、一般的に多くの男女が楽しんでいる体勢かと思われますが、バックから膝だけ付いてもらい、そこから足を上手く持ち上げると、つばめ返しになります。

この流れが一番現実的ですが、正常位から上手く展開させる方法もあります。

この場合、多少コツが必要になります。

正常位からの場合、途中で女性を横向きにさせます。

横向きで攻めつつ、上側になった足を持ち上げる。

この際、自分の足が一度彼女の足の上をまたぐ形になります。

慣れると難しくはないのですが、慣れていないと抜けてしまいます。

慣れているのであれば、正常位から展開した方が良いのですが、初めてつばめ返しを行ってみるのであれば、バックからの方が良いです。

なぜなら、バックからであれば相手は顔が見えません。

自分が何をされているのか分からないので、EDでなければ男性側も試行錯誤出来ます。

ですが、正常位からうまく回した方が女性の表情を見ながら可能になります。

もう一つの注意点はあまり激しく突くと、女性が痛がる可能性があります。

バックの場合、奥まで突ける点は大きなメリットですが、女性の膣は決して大きくはありません。

男性は何かとペニスのサイズを気にしますが、精々5cmから6cmもあれば子宮まで到達します。

ましてやつばめ返しの場合、バックから突くよりも更に奥まで入りますので、濡れていないとかではなく、物理的に少々痛みを覚える可能性がありますので、いきなり激しく動かすのではなく、徐々に激しく動かすよう、心がけましょう。

いきなり激しく動かすと、女性は慣れていない状況で子宮を圧迫されるかのような気持ちになってしまいます。

つばめ返しだけではなく、バックに慣れていないと快感よりも違和感が勝ってしまいます。

ですが、慣れてくれば体勢による羞恥心も与えられますので、快感も高まります。

その際、男性は上手く女性の乳首も刺激するよう心掛けると、快感が更に深まります。

完全なうつ伏せだと乳首を刺激するのが難しいのですが、自分の腰に少し角度を付けると女性の体も浮きますので、乳首も刺激しやすくなります。

せっかく奥まで入れるのです。

激しいストロークよりも、濃厚なストロークの方が向いています。

激しさも良いのですが、出入りしているのを自分で確認するかのように、奥までゆったりと入れ、相手の快感も高めてあげると良いでしょう。

松葉崩し

四十八手でも比較的有名なのが松葉崩しです。

名前のインパクトから、一度耳にすると忘れない人が多いのですが、松葉崩しがどのような体勢なのかというと、体勢としては正常位に近いのですが、両足をかつぐのではなく、女性の片足だけ担ぎ、もう一方の足は男性の下敷きになるような袋瀬地です。

松葉崩しは他の四十八手と比べると、体勢は決して派手ではありません。

絡みの中で、四十八手だとは知らずにこのような体勢になった事がある人もいるはずです。

ですが松葉崩しには隠されたメリットがあります。

それは、女性の奥まで刺激しやすい点です。

正常位の場合、男性のペニスのサイズによっては膣の奥まで刺激出来ません。

上手く角度を付けるなど工夫しなければならず、かといってあまりにも女性の腰に角度をつけすぎると、女性が痛がります。

体位は女性の場合、柔軟性も求められるため、男性が奥までと思っても、女性にとっては快感よりも苦痛を伴う体位もあります。

ですが松葉崩しの場合、男女双方に柔軟性が必要ありません。

より奥まで挿入出来ます。

そのためか、松葉崩しは膣の中で絶頂を感じられる体位とも言われています。

膣の中で絶頂を覚えるのは、女性にとっては難しく、タイミングや角度などの問題だけではなく、ED改善をすれば男性との呼吸も求められますが、松葉崩しの場合、奥まで挿入される分、快感が高まりやすく、膣での絶頂を感じる女性もいるようで、むしろクリトリスではなく、膣で絶頂を迎えたい女性が男性にリクエストするケースもあるようです。

また、松葉崩しは男性にとってもメリットがあります。

なぜなら、他の四十八手の場合、アクロバティックな体勢のものもあるため、女性が嫌悪感を示すものもあります。

男性としてはいろいろとやってみたいと思っても、女性側が難色を示しては、強引に行うわけにはいきません。

ですが、松葉崩しの場合、正常位から少し足の体勢を変えるだけで移行出来ますので、女性の協力を得る必要がありません。

正常位のまま、片足をまたぐだけです。

下になっている女性の足を伸ばす。

伸ばした足の上がわにある自分の足をまたぐ。

これだけで良いのです。

挿入が崩れる事もありません。

慣れていなくとも、すぐに出来ます。

初心者が、変則的な体位に挑戦する場合も、入門的に使えます。

女性としても羞恥心とまではいかず、いつもとは違う体勢を楽しめます。

マンネリ防止にも良いですし、女性は受け身のままでいられます。

女性としては、どこかで言い訳が欲しいので、自分で積極的に体位を変えるよりも、出来れば男性にすべてリードしてもらいたいと思っています。

体位によっては女性も協力しなければならず、羞恥心が勝ってしまって雰囲気が悪くなってしまう事もあるのですが、松葉崩しであれば女性は完全に受け身のままで良いので、手間がかからないだけではなく、自分にデメリットがありません。

もちろん男性にもメリットはあります。

両手が空くので、ただ挿入するだけではなく、女性の乳首やクリトリスなど、他の部分を刺激しやすくなります。

快感を二重、三重に演出出来ますので、女性にとっても悪い話ではないはずです。

男性にとって、どのように攻めるのかもとても大きなテーマです。

男性によっては、自分が攻めた時の女性の反応を見て、更に興奮するケースもありますが松葉崩しは複合的な攻撃が出来ますので、女性の快感も高まります。

また、片足はしっかりとホールドしているためか、体勢がずれにくいので、行為だけに集中出来るようになる点もまた、メリットです。

いつものセックスに少し変化が欲しい、マンネリを防止したい、という方はぜひこの体位を取り入れてみてはいかがでしょうか?

鶯の谷渡り

四十八手でも独特とも言えるのが鶯の谷渡りです。

こちらは体位というよりも行為です。

何かというと、口と唇のみの愛撫です。

愛撫というとどうしても手を使ってしまいがちです。

確かに手、特に指を使うと変幻自在に女性を攻める事が出来ますので、近年では前戯と言えば指でのものが定番となっています。

ですが、鶯の谷渡りは指や手ではなく、あくまでも唇と口だけです。

舌先でチロチロと行うのですが、こちらもまた、効果的です。

鶯の谷渡りはフィニッシュに繋げるための技です。

前戯の段階でちょうど良いでしょう。

前戯を決して馬鹿にしてはいけません。

この段階でお互いの感覚を高めあうことができれば、その後の快感は2倍にも3倍にもなるのです。

女性としても攻められるのが嫌いという事はありません。

むしろ言葉に出来ないだけで、攻められるのが大好きな女性はとても多いです。

そのような女性に対しては鶯の谷渡りが良いでしょう。

鶯の谷渡りのメリットは、口だけになるので優しいタッチが可能です。

指での愛撫はいろいろと出来る一方、まだまだ行為に慣れていない女性は痛みを伴うケースもあります。

特に近年では、アダルトビデオで潮吹きがお馴染みになっていますので、インスパイアされたEDではない男性は、物凄い勢いで指をいれて激しく動かすのですが、テクニックが伴っていない場合、女性は痛いだけで快感ではありません。

それでは、女性は冷めてしまいますし、よい関係は築けません。

むしろそれまで良い雰囲気だったものの、指を入れられて激しくしたがために、痛くなってきて雰囲気がぶち壊しになるケースさえあります。

女性はとてもデリケートです。

その点、唇や舌だけで痛みを与える事はなかなか出来ませんし、舌には粘質もありますので、常に潤っています。

女性は素の状態よりも、少し粘り気があった方が快感が高まります。

乳首にしてもいきなり触るよりも、唾液交じりの方が快感が高まります。

つまり、鶯の谷渡りによって全身を刺激しておけば、準備はばっちりになりますので、繋ぎ技として十分に活用出来ます。

更に、上手になってくると上手く焦らす事も出来ます。

直接攻めて快感を与えるのも良いのですが、攻めるだけではなく、触れるか触れないかのラインを保つ。

女性は焦らされているかのような気持ちになり、それだけで興奮してきます。

攻めると言っても攻め方は様々です。

直接的に攻めるだけではなく、焦らす事で快感を高める事も出来ます。

腕の見せ所としては乳首はもちろんですが、膣です。

ここを鶯の谷渡りで攻める。

男の腕の見せ所になりますが、闇雲に舐めるのではなく、優しさと共に、快感ポイントを集中するのが良いでしょう。

特に良いのがクリトリスです。

ここを刺激しておけば間違いないとさえ言われている部分ですが、舐めたり吸ったり。

これにより、高い快感を与える事が出来ます。

女性もまた、舐められるのが嫌いという人はそうそういません。

汚いから舐めないで欲しいと思っている女性もいますが、あくまでも汚いからであって、綺麗であれば抵抗しないケースもあります。

つまり、舐められるのは嫌いではないのです。

それさえ分かればガンガン舐めれば良いのです。

上手になれば、舐めるだけで女性を絶頂にまで導く事も出来るようになります。

その際、力任せに行うのではなく、相手の呼吸を見たり、腹筋を見ると良いでしょう。

本気で感じている場合、腹筋が揺れます。

腹筋がピクピクしている場合、本気で感じていますので、問題ありませんが、あまり腹筋が動いていない場合、ポイントがずれている可能性がありますので、少し位置を変えてみると良いでしょう。

これを繰り返し、相手の絶頂ポイントを探し出しましょう。

ユンケルスター画像

好きな体位を見つける方法とテクニック

攻める事で補える

仮に体力面で騎乗位には自信がなかったとしてもスキルと対面座位でのテクニックがあれば精力剤ドリンクでなくても十分に満足させられることができます。

また、ある程度は好きな体位を交換しながら素早く見つけ出し責める事が出来れば女性を満足させることは充分に可能です。

もちろん、これで何回もできれば良いという考えもありますが、年齢的にそれはどうしても厳しくなってくるのは誰しもが避けられないのです。

年齢や経験によっても好きな体位は異なります

これは当然プロであるアスリートやミュージシャンなどもベテランになるほど生き残っているのは、そういった面をさらに転換しプラスに変えれている人ばかりです。

ですから同時進行でそういった好きな体位やポイントを磨いていく事でできる限りカバーしていきましょう。

今までにないようなプレイを楽しめる!結局一番結果が出たのはこの商品だった


また成功の瞬間だけでなく雰囲気の作り方も精力増強剤だけでなく重要になってきますし、好きな体位だけではなくバリエーションを増やしましょう。

会ったその瞬間からスタートしていると考えて、紳士的にルールを守り丁寧にゆっくりと向き合っていきましょう。

それは普段からAVやマニュアル本などからは絶対に得られないものです。

これは、ED改善もやはり経験が一番成長させますので失敗しても何度も諦めずに精力増強をチャレンジしていきましょう。

好きな体位は身長や体重、あそこの位置や向きのよって、千差満別ですから、やはり滋養強壮は一般的にどれがというものは、絶対はありません。

また、今までどこかでしたくても対面座位などは恥ずかしくてやったことがないような驚きのハマりそうなスタイルが過去にはない新境地となる可能性も現段階では余地もこれは充分にあるのです。

精力減退しない体の作りによって女性の好きな体位は異なる

ビンの画像

動画サイトや本ではわからない本当に好きな体位

マニュアル本やAV

基本的にレンタルビデオや漫画などは見る人を喜ばせるために派手な作りになっていますので体位もそういったものが中心になっています。

特に性力の回復ばかり求めている男性はバックで激しく突くことが好きだと女性を、精力の面だけでなく勘違いしているケースが頻繁にここでも見られます。

もちろん中には騎乗位も気持ちよいと答える意見もありますが、それ以上にあまりに奥を責められると痛いという声が沢山あるのです。

相手の好きな体位はできるだけ時間を掛けて

ですから最初から相手のことを考えずに力任せなどをしてしまうと、そのせいでむしろ体位によっては痛みどころか傷つけてしまう可能性もゼロではないのです。

また闇雲に体位を交換することもあまり前向きでポジティブな解答はあまり見られません。

ゆっくりと気持ちがいい快感のグラフが徐々に右肩上がりに上ってきている所で急に交換されると、結局はまた振り出しに戻ってしまうのです。

自分本位ではなくしっかりと様子を探りながら落ち着いて、理想の体位の交換のアクションをしていきましょう。

これは見せるためのエンターテイメントとしてショーとしてやっている男優の行為を一般社会に誰でも好きなんではないかと、こうして現実に無理な対面座位などの体位を持ち込むと失敗してしまうリスクがかなり高いという事です。

その点においてEDに持続力アップの精力剤ドリンクでも勘違いしないようにここではしなくてはいけません。

バックや騎乗位などは性力はあっても好きな体位でないことも

商品画像

好きな体位やプレイを開発する事で新境地へ

未開拓の世界へ

長年連れ添う恋人や夫婦の場合どうしても好きな体位であってもマンネリ化してしまうどころか、精力増強剤はずっと流れも持っていき方まで一緒になってしまうことが悩みの種です。

それで満足している場合は問題はありませんが、どちらかが不満を抱えていたりします。

精力が減退して刺激不足となっている時は注意が必要です。

結局それがセックスレスを招く一番お引き金となっているのです。

楽な体位だけでなく普段とは異なるものも

暫くしていくうちに、どんどん気がつけば離れているスパンが長くなってしまう傾向に当てはまります。

そのような環境から脱却をするためには新境地や体位を開拓する事が恥ずかしかったり、言い出しずらかったとしても必要不可欠なのです。

今までにしてこなかったような体位に交換してしまったり、このように女性から攻めるようなプレイをしてみたりもしてみては良いのではないでしょうか。

コスプレなどの衣装で普段と異なる非日常を作り上げることも良いかもしれません。

いずれにしても騎乗位や対面座位も含めて必要に迫れれて行うよりは自らプラスにポジティブに心から楽しんだ方が長続きするでしょう。

好きな体位だけでなくフェチやプレイを勢力的に楽しむ

以上のような意味のあるポイントとしては結果的に精力剤ドリンクも含めて、このように男女がお互いの好きなことを考えてアクティブにいきましょう。

行動を起こした事はけして長い目で見てもマイナスにED改善が働くことはないのではないでしょうか。

説明文

このページの先頭へ