瓶を飲むサラリーマン

男性ホルモンの分泌は食べ物や運動に関係します

腹筋の画像

男性ホルモンであるテストステロンを増やす方法は多岐にわたっています。

最も効果的な方法となるのが体重コントロールです。

あくまでも無理をせずに適正体重まで戻す事で、男性ホルモンのテストステロン生産量を増やす事ができます。

質の良い睡眠もテストステロンを増やす為の大きなポイントになります。

実際に睡眠時間5時間に短くした結果、精力増強剤が男性ホルモン分泌するテストステロンの生産量が10から15%低下したという研究結果もこの方法にはあります。

時間のみならず、質も大きくテストステロンの生産量に影響します。

過度なトレーニングや脱水に注意した上で、勃起力だけでなく筋力トレーニングや短時間の激しい運動は、効果的にテストステロンを増やす効果があります。

箱とパッケージ

40代でも男性ホルモンの分泌が多いとまだまだ現役でいる

過度なトレーニングや脱水はテストステロンの分泌量を減少させてしまう事に繋がります。

また、男性ホルモンはマラソンなどの長時間の運動はテストステロンの分泌量を低下させてしまいます。

また、亜鉛、アミノ酸、タマネギアリイン、ビタミンDもテストステロンを増やす為の方法の一つになります。

食事で摂取するのが難しいのであれば、精力剤ドリンクやサプリメントを活用して摂取するのももちろん問題ありません。

食べ物や運動トレーニングで男性ホルモンを増やす

そして、テストステロン低下に繋がる事も把握し、避けるようにしないといけません。

まずはストレスを減らす方法を考えるべきです。

EDによるストレスはコルチゾールの分泌量を増加させて男性ホルモンのテストステロンの分泌量を減らす事に繋がります。

副作用が不安な精力増強剤はストレスに対応する為には、持続力がない原因となる事柄の問題解決や環境改善そして思考しないという事も大切です。

また、第三者の援助を得る方法もストレス対策での大きな男性ホルモンのポイントになります。

そしてストレス抵抗性を上げる為に、しっかり勃起する30代でも40代でも休息をする事や栄養を摂取する事、そして運動をする事や睡眠をしっかりとる事も男性ホルモンだけでなく意識すべきです。

やはり夜に強いのは男性ホルモンの分泌が多い人

業界ナンバーワン

商品画像

筋トレをする際にも男性ホルモンを増やす働きのサプリを

hip

男性の更年期障害の場合は男性ホルモンであるテストステロンが大きく影響しています。

中高年になってくると精力剤ドリンクを飲んでも男性ホルモンは徐々に減少し、性欲減退やEDに結びつきます。

単に勃起などの性的な部分のみならず、うつ症状や筋肉痛そして心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まります。

男性のテストステロンの分泌量のピークは20代で、そこから下がる事はあったとしても、急激に上がる事はありません。

更年期障害の症状を軽くする為のポイントになるのは、男性ホルモンは精力増強剤で年齢とともに下がるテストステロンをどう保ち、補う方法を見つけるかです。

体の症状や心の症状そして性の症状が男性更年期障害の症状になります。

箱とパッケージ

中高年は男性ホルモンの分泌が激減している?

男性更年期障害はスタートに区切りがない分、厄介です。

滋養強壮は、女性の場合は目安となる区切りがあり、周りにも相談しサポートを得やすい環境があるものの、男性の勃起の場合はそうではありません。

いつ襲われるか分からず、男性ホルモンは自然に症状が治る事もこの方法は少ないです。

そして悩みを打ち明ける場所がなく、不安ばかりが募るようになってしまいます。

良く眠れなくなった、笑っていない、精力増強剤は新聞を読めないといった事は男性更年期障害の可能性が高いです。

こういった男性ホルモンの症状は本人よりも周囲の方が気付く事が多いです。

年齢と共に徐々に減っている男性ホルモンの分泌

ベッドの上

男性ホルモンを増やすことで更年期の対策をスタート

そのほかの男性ホルモンに繋がる事としては、砂糖や炭水化物の摂取です。

砂糖や炭水化物はインスリンレベルを増加させ、勃起する精力増強剤がテストステロンの分泌量を低下させます。

また、グレープフルーツはエストロゲンを増やしてしまい、そして男性ホルモンの分泌に必要なテストステロンを減らす作用があります。

なるべく40代の男性ホルモンを増やす方法としてはグレープフルーツは避けるようにした方が良いでしょう。

アルコールやタバコもテストステロンの生産量を減少させる要因になり、サラダ油などに含まれる多価不飽和脂肪酸や鎮痛剤も同様です。

テストステロンを増やす事を考えるのはもちろん、勃起力は男性ホルモン低下に繋がる事もしっかり頭に入れておかないといけません。

年齢とともに下がるテストステロンをどう保ち、精力剤ドリンクで補うかは、ED改善は男性として避けては通れない道と言っても過言ではありません。

テストステロンの男性ホルモンを増やす事や減らさないようにする為の方法を、是非ご自身の生活で活用してみてください。

精力に男性ホルモンはやはり大きく関係する?

閉経をはさむ前後およそ10年間の事を更年期と指します。

日本人女性の平均閉経年齢は50歳です。

その為、45から55歳前後が更年期にあたります。

閉経が近づき、卵巣の働きが低下する事で、女性ホルモンの一つのエストロゲンの量が急激に減少します。

このエストロゲンは子宮や子宮内膜の発育に関わる女性ホルモンで、卵巣でつくられています。

ポルチオラッシュ

エストロゲンは思春期になると多く分泌されるようになり、勃起力には男性ホルモンは反対に更年期に入ると次第に減少していきます。

このエストロゲンは女性の身体を守る上で非常に重要です。

20から30代の女性は卵巣の機能が安定し、更年期の症状が起こる事はないです。

ユンケルスター画像

しかし、方法によってはストレスや過労あるいは不規則な生活を送る事で自律神経のバランスを崩し、勃起するための男性ホルモンとは異なりエストロゲンが減少して更年期のような症状が現れてしまう事もあります。

更年期の症状には個人差があるものの、まず月経異常、精神神経症状、自律神経失調症状などが多く見られます。

そして中期から後期にさしかかると、男性ホルモンの増加や皮膚の衰え、筋肉や骨格系の衰え、膣や膀胱のなどの衰えがかなり多く見られます。

男性ホルモンを精力増強剤で増やすことは可能なのか?

説明

このページの先頭へ